住宅ローンの返済に困ったら | 競売からあなたを守ります

任意売却の流れ

不動産任意売却は以下のような流れになります。

1. ご相談

お悩みを解決するために、まずはご連絡下さい。費用は一切かかりません
催告書や督促状、競売開始決定通知など、日頃見たこともない書類が届くと、とてつもない不安に襲われます。
まずは、ご相談者様の現在の債務状況(住宅ローンだけでなく、その他の借入状況もすべて)を確認させて頂きます。ご自宅を売却するという選択肢だけでなく、様々な方法も考慮しながら、ご相談させて頂きます。
弊社では、専門の相談員がご相談させて頂きます。すべての相談員が電話中であったり、面談中である場合には、折り返しご連絡いたします。
メールでのご相談も受け付けておりますが、メールではお答えできることが限られています。メールでのご相談では、できるだけ詳しく、現在の債務状況を記して下さい。その中で、できる限りのご返答をさせて頂きます。

初回のご相談では、下記の項目についてお尋ねいたします。初めての電話ですべてを話すのは抵抗がある、という方は、ご相談者様の差し支えない範囲でご相談いただいても結構です。

・お名前
・ご住所
・物件所在地
・物件の所有名義
・携帯電話番号
・借入先金融機関
・住宅ローンの残債
・現在の滞納状況
・金融機関等からの通知がある場合にはその内容

2. 面談

ご相談者様の現在の債務状況や、今後のご希望をお聞きし、任意売却の方向性をご一緒に決定していきます。ご相談者様の状況は、一人ひとり全く違います。ご相談者様に最適な解決プランを作成していきます。きちっとご納得いただくまで、何度でも丁寧にご説明いたします。

ご自宅に伺ってご面談することも可能です。 その場で同時に査定することも可能です。 競売開始決定通知が届いた方は、訪問面談する方がスピーディーに解決することができますので、お勧めしております。

ご相談所(秋田店、大仙店、横手店の3箇所)にお越し頂くか、相談員がご自宅にお伺いするか、ご選択下さい。 ご相談所での面談をご希望になる場合には、事前にご予約が必要となります。 ご自宅へのご訪問をご選択いただく場合には、「私服で来てください」「車は近くに止めないで欲しい」「近所の喫茶店で面談したい」など、ご要望があれば、細かくお伝え下さい。できる限りご要望に沿えるように対応いたします。

面談時にご用意いただくもの
・住宅ローンの残債がわかる書類(返済計画表など)
・物件確認書類(権利書、不動産売買契約書)
・管理規約(マンションの方)
・印鑑(認印で可)※ただし、シャチハタ不可
・金融機関などからの通知があった場合にはその書類
・今後の方針

「近所に知られずに売却したい」「今の小学校からは変わらない所で新生活を送りたい」「このまま住み続けたい」など

3. 変更後 物件調査と専任媒介契約

ご自宅の調査をいたします。近隣の取引事例や相場を基準とした価格を算出させて頂きます。
今後の方針や、ご提案内容、売却予定価格にご納得頂いた段階で、弊社とご相談者様で「専任媒介契約」を結びます。これは、ご自宅の売却に関して、弊社に対して一任していただくという契約です。他の不動産業者等に同時に依頼することはできません。

ご留意事項
・仲介手数料以外の費用を、ご相談者様にご請求することは一切ありません。
・金融機関・自宅近隣・職場等への秘密を厳守いたします。

4. 販売活動

一般の中古住宅と同様に販売していきます。
不動産流通機構への情報を登録することで、不動産業者間で売買物件情報を共有しております。さらにフリーペーパーや新聞折込チラシ、インタネット等へ広告掲載をしていきます。ご近所の方に知られたくないという方は、折込チラシ等をご希望により避けることも可能です。

任意売却について、積極的な販売活動等を行って参ります。

引越先のご紹介も行っております。ご希望の方には、賃貸アパートや賃貸マンションをご紹介しております。賃貸住宅の入居審査で断られないか?と心配する方もいらっしゃいますが、最適なプランをご用意してご提案いたします。

5. 契約成立

お住まいの買い手が見つかると、いよいよ不動産の売買契約となります。 ご相談者様が売主、ご購入者様が買主、債権者様(金融機関)、司法書士が同席し、売買代金の決済、所有権移転登記、抵当権抹消、差押え取下げなどの処理を行います。ご相談者様には引越代をこの日にお渡しします。

今すぐ、ご相談ください!! - まずはお気軽にご相談下さい - 0120-732-110 無料相談お問い合せフォームへ