住宅ローンの返済に困ったら | 競売からあなたを守ります

任意売却とは?

住宅ローンの返済が困難になった時、債務者と債権者(金融機関)の間に仲介業者が入り、競売入札が行われる前に双方の合意のもとに、不動産を任意に売却する事を言います。

債務者が様々な生活条件の変化を理由に住宅ローンの返済が困難になった場合、そのまま返済が滞ると債権者が抵当権を行使して、担保不動産を差押えて、裁判所に対して競売の申し立てを行います。これが競売です。

競売入札が行われてしまうと、抵当不動産の第三取得者、いわゆる落札した人、つまり買受人が現れます。買受人が現れても、住み続けていると、裁判所からの引渡命令によって、強制退去になる可能性も出てきます。

しかし、競売入札が行われる前に債務者と債権者の間に仲介業者が入り、債権者との合意のもとに、双方が合意した価格を設定すれば、不動産を一般の中古住宅と同様に売却する事ができます。これが任意売却です。

競売になってしまうと、落札金額が開札日までわからないので、いくら債務が残るのかなど、今後の計画が建てにくいために、精神的な負担も大きいと言われます。さらに、競売では事前に建物内部を見て状況を調査したり、リフォーム費用を積算したりすることが出来ないなどの不明確な要素が多いために、市場価格より2〜5割低い価格になるケースが多々あります。

任意売却で売却すると、債務者は残債の整理圧縮や債務の再構築を行いやすくなるというメリットがあります。また、債権者にしても、競売で売却するも多くの債務の回収ができるなどのメリットがあります。双方納得のいく条件で売却出来るのが、任意売却の最大のメリットです。

TODO: Put proper caption

不動産任意売却? 不動産任意売却専門業者って?>

不動産会社は、すべての不動産業務を営んでいるわけではありません。例えば、アパートの賃貸管理業務を専門としていたり、住宅用地の開発して売買していたり、建売住宅を販売していたりします。不動産の専門業者であっても、その専門分野は様々です。

弊社では、不動産任意売却の専門業者として活動しております。秋田県内でほぼ唯一の不動産任意売却のプロフェッショナルとして活躍しております。

まずはお気軽にご相談下さい - 0120-732-110 無料相談お問い合せフォームへ